歯の黄ばみのケア、

どうしてますか?

気になっていてもなかなかケアできていない・・・

歯の黄ばみにコンプレックスを感じていても、取れないものと諦めている方も多いではないでしょうか?

 

歯科でホワイトニングを受けるのも一つの手段ですが、黄ばみの原因によっては定期的な通院が必要になりますね。

歯科でのホワイトニングは施術してすぐに歯が白くなるといったメリットがあります。

 

でも、歯科は虫歯で仕方なく行く以外は苦手、定期的に毎回通うのは面倒だと感じる方にとっては敷居が高いかもしれません。

 

たとえば自宅で簡単にセルフホワイトニングがきるとしたら時短で手軽ですよね?

 

そこで、

「黄ばみ」「ヤニ」などのホワイトニングや「口臭」予防に・・・

「パールホワイトPROEX プラス」を

ご紹介していきたいと思います。

美容歯科の自宅で始める本格ホームホワイトニング!

 

 

ヤニなどで黄ばんだ歯を自宅でセルフホワイトニング

タバコのヤニなどで歯が黄ばんでしまったときには、どのようにケアするときれいになるのでしょう?

1つの方法として、歯科で歯のクリーニング施術を受けると状態によっては1回で終わることもあります。

 

ただ、ずっと歯を白く保ちたい場合には、定期的に歯のクリーニングを行う必要がありますね。

 

ですが、

 

歯磨きの成分によっては自宅の歯磨き粉を変えるだけで簡単にできる方法があります。

 

それが、先ほどご紹介させていただいたパールホワイトPROEX プラス。

ヤニの汚れは歯の表面に付着しているものなので除去できます。

 

パールホワイトPROEX プラスは歯を傷つけることなく汚れを浮かせて除去できるので手軽ですよ。

 

「パールホワイトPROEX プラス」は、他と比べて何が違う?

歯磨き粉で歯を白くするには、研磨剤でゴシゴシこするというイメージがあるかもしれません。

 

でも、パールホワイトPROEX プラスは研磨剤ではなく汚れを吸着して浮かせ刺激が少ない安全性重視の研磨剤なし。

 

歯を傷つけずに磨き上げ、歯の表面にあるエナメル質を削らずに汚れのみを落としてくれます。

 

そのうえ、発泡剤不使用の低刺激性なのに、白く美しい歯を作り歯石の沈着を防いで、歯をなめらかに整えてくれます。

 

・汚れを吸着し浮かせる

・歯を傷つけずに磨き上げる

・歯石の沈着を防いで白い歯を作る

 

歯の黄ばみの原因はさまざまですが、その中でもタバコのヤニによる黄ばみは歯磨きで改善できるようです。

 

辞めたくても辞められないタバコ・・・

 

でも、

白い歯を手に入れたいと言う方は是非参考にしてみてくださいね。

 

歯の黄ばみは汚れが原因?

ハテナ

歯の黄ばみの原因は、タバコのヤニ以外にも汚れの蓄積や歯の表面部の欠損などがあります。

 

たとえば、歯の磨き残しが原因で口腔内が汚染されることや、ワインなどの色の濃い飲み物や食べ物は色素が歯に付着しやすくなります。

 

または、加齢による変化や歯磨きのしすぎでエナメル質がはがれて薄くなり、黄色い象牙質が現れ黄ばんで見えるなど。

 

こんな場合にも、パールホワイトPROEX プラスは口腔内を整えてくれます。

 

タバコによる歯の黄ばみ

歯を見る男

タバコを吸うと、煙草に含まれているニコチンやタールなどで歯が黄ばみます。

 

良く知られている「ヤニ」ですよね。

 

タバコを辞められるなら苦労しませんが、辞められないという人が多いのも確かでしょう。

 

タバコを辞めなくても歯の黄ばみをセルフホワイトニングするには

歯科のイメージ

タバコのヤニは歯の表面に付着しているものなので、しっかりした歯磨きである程度は白くすることができます。

 

でも、研磨剤の入った歯磨き粉でゴシゴシ磨いては、逆に歯にダメージを与え表面を傷つけてしまう可能性もあるのです。

 

歯のエナメル質が削られると、歯の表面に凹凸ができ粘着質なヤニは付着しやすくなります。

 

また、エナメル質の下には象牙質という黄色い組織があり、エナメル質がはがれると黄ばみが増してしまいます。

 

歯磨きで歯の黄ばみを改善するには、歯にダメージを与えない方法で行うことが必要です。

 

歯の黄ばみをセルフホワイトニングするときのブラッシング方法

歯磨きをする女

歯磨きは力を入れずやさしく丁寧に磨くのがコツ。

 

初めに歯のかみ合わせを部分を磨きます。

 

側面は上下にブラッシングしてから、歯ブラシの角度を45度程度に保ち左右に小刻みに動かしてケア。

 

最後に円をかくようにぐるぐる歯ブラシを回して磨きます。

 

歯の裏側や奥歯の裏側まで歯ブラシが届く角度で丁寧に磨き上げます。

 

セルフホワイトニングは歯ブラシもしっかり選んで

歯ブラシと歯間ブラシ

歯ブラシは毛が密集しているしっかりしたものを使いましょう。

 

水をつけず歯磨き粉を付けてすぐに口の中へ入れて磨きます。

 

口腔内に汚れが残らないようにしっかりゆすいで終わりです。

 

これを、朝昼夜と1日3回ケアするといいですよ。

 

最後に、面倒でなければ歯間ブラシを使って歯の隙間もケアするとより効果的ですね。

 

パールホワイトPROEX プラスはマウスウオッシュと併用してもいいの?

タバコのヤニによる黄ばみはニコチンが歯に付着して起こります。

 

タバコを吸った後にそのままにしておくと、歯についたニコチンが粘着質をもち黄ばみの原因にもなります。

 

都度、口をゆすいでいつもニコチンが口腔内に留まらない状態を保つことも効果的でしょう。

 

パールホワイトPROEX プラスは、キャンペーン中の公式サイトでお得に購入してください!

美容歯科の自宅で始める本格ホームホワイトニング!