pinnku03

 

ムダ毛ケアは一般的に「抜いたり」「剃ったり」することが多いのではないでしょうか?

 

「抜く」ムダ毛ケアは、毛も肌の一部と考えると、その皮膚の一部を取るという行為になるので、まったくダメージがないと言うわけにはいかなくなります。

 

毛根にある細胞には血管から酸素や栄養を摂ってつくられているので毛根にある細胞も一緒に抜くため痛みを伴い毛穴の奥では多少の出血もあり、繰り返していると毛穴の炎症やシミなどいろいろなトラブルが起きるかもしれません。

ムダ毛処理方法のいろいろと肌トラブルとは?

気になるムダ毛は毎日処理している方も多と思います。

でも、間違えてムダ毛処理は肌トラブルとなる可能性があります。

肌に負担をけけない方法1つで肌トラブルを防いで美肌を保つことを心がけましょう。

 

電気カミソリで剃る

毛を絡めて剃っていくので皮膚まで一緒に傷つけてしまってる場合もあって、かゆみやシミといった症状が起こることも。

 

安全カミソリで剃る

今は安全に剃ることのできるカミソリも多く出回ってるので、自分に合った使いやすいものを使えて力の加減で細かく調整できるのですが、時間が経つとポツポツと赤くなったり、肌の皮脂も一緒に剃ってしまうので乾燥してかゆくなったすることが考えられます。

 

毛抜きで抜く

毛抜きでは、1本1本丁寧に抜くことができますが、繰り返していると皮膚が固くなり毛が皮膚に埋もれた状態になったり、毛根が炎症をおこすかもしれません。

 

脱毛テープで一気にとる

タープを貼って粘着力ではがすタイプは一気に脱毛できて手間がはぶけますが、角質も一緒にはがしてしまうので、敏感肌のような肌の弱い方は極力おこなわない方が良いでしょう。

 

ワックス脱毛

ワックスを温めたて肌に塗り冷めて方まってからはがすタイプの脱毛は、他のムダ毛ケアに比べると、若干、肌には負担が少なく保湿効果があるかもしえません。

 

脱毛器で自宅でムダ毛ケア

脱毛時に皮膚が温まったり毛の周りの皮膚を押さえながら抜くのであれば、毛抜きで抜くよりも肌への負担は少ないですが、毛を抜くという行為にはかわりあにので肌トラブルは起こるがあり、抜いているかぎりはまた生えてきます。

 

肌にやさしい脱毛ケアの方法とは?

できれば、肌に負担をかけずにムダ毛処理をしたいものですね。

肌の黒ずみやブツブツなど悩みの解消に繋がります。

 

ムダ毛処理法にもいろいろありますが、やはり自分に合った方法が長く続けることができるのかもしれません。

ムダ毛処理をした後のケア方法にもポイントがあります。

その方法としては、抑毛効果があるムダ毛ケアクリームローションなど、抑毛だけではなく肌も整えてくれます。

 

ここができていると、毎日ムダ毛処理をしなくても済むので、必然的に肌に負担がかかる回数が減ります。

 

ですが、

 

まずは一番のポイントである、肌に負担がかからないムダ毛処理方法から初めてみましょう。

 

1.肌は清潔な状態で

ムダ毛ケアの時にには、小さな傷からも雑菌が入るとトラブルの原因にもなってしまうので、脱毛前の皮膚はキレイに洗って清潔にしてから行うのが良いでしょう。

 

2.毛の処理部分を温めて

次に皮膚を温めて柔らかくして行うとムダ毛処理がスムーズに行えるので、入浴後かそうでなければ暖かいタオルで温めるといいですね。

 

3.ムダ毛処理後は冷やす

ムダ毛処理後の肌は冷たいタオルなどで冷やすことで炎症を抑えます。

 

ムダ毛処理は、生理でいつもと体調が違ったり、そればかりではなく風邪を引いている時や寝不足などは、体の免疫も低下していることが考えられるので、傷が治りにくかったり、炎症をおこしやすかったり、悪化することがあるので体調が悪いときにはムダ毛ケアを止めた方がいいですよ。

 

もし、皮膚トラブルが悪化して化膿などを起こした場合には、皮膚科などの専門医へ相談することをおすすめします。